そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

悩み

体臭は女性の悩みですが、自分でできる対策方法があります。

投稿日:

体臭。

女性にとって、非常に気になる言葉ですね。

 

他人の体臭が気になった瞬間、自分の体臭を意識しませんか?

「あれ?わたし、大丈夫かしら?」

 

自分では、わからない体臭があって、人に「クサイ」と思われていないかしら。

気になりだすと、人のソバに行けなくなります。

少しでも汗をかこうものなら、もうダメです(汗)

 

スポンサーリンク

 

体臭は女性の悩みです

 

女性同士だと、あまり気にならない自分の体臭。

でも、男の人たちがいる場では、とても気になります。

 

これまでに、何かの拍子に、自分の体臭をクサイと感じた瞬間はないですか?

誰にもあることだと思います。

ただ、その経験は、それ以降の悩みとして、ず~っと心に残りますよね。

 

「あっ、私の体臭は、クサイと臭う時があるんだ」

 

こうなると、いろいろなシチュエーションで、ひょこっと思い出してしまい、心から楽しめない自分がいます。

化粧や衣服にも気を遣いますが、口臭や体臭は隠し切れないので、特に気になります。

 

体臭が女性でも強い人がいますね?

 

体臭というと、おじさんのニオイ、加齢臭などという言葉が連想されます。

でも、女性も男性同様に体臭があります。

男性よりも、気を遣ってケアしているからわからないだけです。

現に、アナタの周りの女性の中にも、体臭が強いと感じる人がいると思います。

 

そもそも、体臭というのは何でしょう。

少し難しいですが、簡単に説明しますね。

 

ヒトは、哺乳類に分類される動物です。

哺乳類は、全身にアポクリン腺という汗腺が分布しています。

そして、このアポクリン腺から出る汗は、細菌の繁殖によって強いニオイを発します。

このニオイは、性的な個体間関係を取り結ぶ、フェロモンとして機能しています。

 

ただ、ヒトは、哺乳類としては例外的に、全身にエクリン腺という汗腺が発達しています。

ですから、アポクリン腺の汗腺は、身体の限られた場所に集中して分布しています。

腋の下、外耳道、乳輪、肛門周囲、睫毛、鼻などです。

 

エクリン腺は、汗を出すことで、体温調節の機能を担っています。

エクリン腺からでる汗も、細菌の繁殖によって強いニオイを発します。

ただ、先程のフェロモンではなく、いわゆる「汗臭い」ニオイを発します。

スポンサーリンク

 

体臭の問題は、アポクリン腺からの汗です。

そして、残念ながら、アポクリン腺の有り無しも、多い少ないも個体差があるのです。

アポクリン腺が多い人は、どうしても個性的なニオイを発しやすくなります。

いわゆる、「ワキガ」ですね。

 

体臭の対策は?

 

体臭の中でも、「汗臭い」ニオイは清潔に保つことで防ぐことが出来ます。

汗をかいたまま放っておくと、1~2時間後には臭いニオイを放っていますので、こまめに汗を拭くことが必要です。

ただ、出先や人前で、首筋や脇の汗を拭きとることは、しずらいですね。

どうしても制汗スプレーや香水で誤魔化すことになります。

あるいは、トイレでこっそりケアをしますね。

 

そして、日本人としては気になるアポクリン腺からの汗です。

根本的な治療は、病院での手術ということになります。

 

ただ、海外に目を向けると、そのほとんどの人がワキガであることがわかります。

そして、それを個性として大切にしています。

ですが、ワキガを放っているわけではありません。

毎日、デオドラント剤(体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤)でケアをしています。

その上に、それぞれの体臭に合う、オリジナルな香水を使用することで、臭いニオイを調和させているのです。

この考え方は、日本でも通用すると思います。

 

インナーブラン

 

まとめ

 

日本人は、アポクリン腺という汗腺が少ない人種です。

ですから、体臭の強い人が少ないのです。

 

世界に目を向けてみると、白人は70%、黒人は100%がワキガです。

黄色人種(日本人)の場合は、10%程度と言われています。

 

外国では、香水文化が発展するはずですね。

日本では、ワキガだと目立ってしまいます。

ですから、腋臭症(わきが)と呼び、疾患として扱われているのです。

 

放っておくと、臭いワキガですが、ケアをすることで個性にすることが出来ます。

考え方を変えて、日本人以外の国の人たちの生活も参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

-悩み
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

脇汗と女性は永遠の敵!?その原因と量が多いことの悩みを解消!

スポンサーリンク   汗をかく季節になると、特に気になりだすのが脇汗です。 脇汗をかくだけならまだいいのですが、その汗が衣服に黒い汗染みをつけることが最悪ですね。 どんなにお洒落に着飾っても …

冬の乾燥肌対策は入浴にあり!セラミドの重要性と注意すべきポイント

スポンサーリンク   寒い冬になるとお肌のトラブルが増えます。   お肌が突っ張る 手足が皮膚がひび割れる 指先が割れて痛い 足のかかとがひび割れる 唇が割れて痛い スーパーでレジ …

白シャツの脇の黄ばみ!原因を知れば取る方法と予防の仕方がわかる!

スポンサーリンク   汗をかく季節。 暑いと汗をかくのは当たり前の生理現象です。   でも、現代の人間にとって、汗は厄介者であるかのように扱われていますね。 綺麗であること、見苦し …

雨の多い梅雨時期の満員電車で濡れた傘をどうすればいい?

スポンサーリンク   雨の日の傘の取り扱いについてのお話です。   満員電車や満員バスといった、 公共交通機関を使って 通勤や通学をされている 皆さんへお聞きします。   …

憎くい脇汗を止めるには制汗剤しかない!でも減らすことはできる!

スポンサーリンク   いや~暑いですねぇ (;’∀’)アヂイ- 日々、最高気温を更新していく季節になってきました(汗)   通勤通学で汗だくの人たちを見か …