そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

病気

胸部CTとレントゲンの違いは?検査内容とわかる病気

投稿日:

 

会社の健康診断で要精密検査の判定が出ました。

該当項目はレントゲンですから、肺に問題があるかも?ってことです。

喫煙歴も10年を越えていますから、肺に負担をかけていることは間違いないです。

まじ、やばいかも(汗)

 

しかし、肺の精密検査って何をするのでしょうか。

今回は、私が体験した検査内容を記したいと思います。

 

スポンサーリンク

健康診断の肺の検査結果欄に記述されていたのは「結節性陰影」という単語。

そして、「要精密検査」でした。

 

「結節性陰影」?

 

聞いたことも見たこともない単語です。

場所が肺ということと文字のイメージから、私の頭の中では「結核」とリンクしました。

早速、大きな病院で診察を受けることに。

 

再度、レントゲンを撮り、胸部CTを受けることになりました。

 

胸部CTとレントゲン(X線撮影)の違いはナニ?

 

はじめて受ける「胸部CT検査」です。

そもそも、「CT」と「レントゲン」の違いはナニでしょうか?

 

レントゲン

一般的に、レントゲンと呼ばれるのは、X線撮影のことです。

これは、X線の発見者の名前でもあります。

 

X線を照射すると、これを通過するものと通過させないものがあります。

この透過度の違いから病変を探ります。

 

ちなみに、透過度が高い組織としては、空気、皮膚、筋肉、軟骨などがあります。

逆に、透過度の低い組織は、骨です。

 

検査の方法は、多くの方がご存知のように、X線照射装置と白い感光版の間に体を置いて行います。

X線を通過した部分は、感光版を黒く変色させます。

反対に、通過しなかった部分は、白いままです。

 

ですから、骨の部分は白く映るのですね。

そして、肺炎や腫瘍などでは、X線透過度が低いため、感光版は白いままです。

 

本来、透過することで黒く映るはずの部位に、白い部分があるということは、何らかの病変が考えられるわけです。

肺全体は、黒く映るはずなのに、その中に白い部分があるのはおかしい、ということですね。

 

わたしに場合、この白い部分があったわけです。

そして、それが丸い場合、検査結果欄に書かれていたように「結節性陰影」と呼ぶそうなのです。

 

胸部CT

「CT」というのはConputed Tomography(コンピューター断層撮影)の頭文字を取った略称です。

筒状の検査機の中に横たわると、全方位からX線を照射することで立体的に身体の中を診断することが可能です。

スポンサーリンク

そして、筒を少しづつずらすことで、身体を輪切りにして撮影することが出来るのです。

CT検査は、レントゲン(X線撮影)に比べて格段に精密な情報を得ることが出来るのです。

 

胸部CTの検査内容はどんなもの?

 

検査室に入ると、大きなドーナツ状の検査機が目に入ります。

その前には、動けない怪我人や病人を搬送するための器具、ストレッチャーに似たベッドがあります。

 

まず、手荷物を置き、アクセサリー等を外します。

シャツや薄い服などは脱がなくても良いです。

 

ちなみに、私の場合、肌着にユニクロのヒートテック、その上にセーターを着ていたのですが、そのままでOKでした。

胸部のみの検査ですので、ズボン、スカートは問題ないです。

 

ストレッチャーの様なベッドに横たわり、万歳をした状態で待機です。

ドーナツ状の検査機が、ストレッチャーを穴の中を通すように動いて撮影をします。

その間に、「息を吸って」「はい、止めて」と指示があります。

息を止めている時間は、10秒以内です。

 

この作業を2回行って終了です。

それこそ、「あっ」という間でした。

検査室に入って出るまでに5分と掛かっていなかったと思います。

 

胸部CTでわかる病気は?

 

CT検査で判断が付く病気は、いくつかあります。

肺がん
他の部位のがんの肺への転移
肺結核
肺真菌症(カビで起こる病気)
肺非結核性抗酸菌症
狭い範囲の肺炎
良性腫瘍
古い炎症が治った痕跡
など

しかし、血管と血管、血管と肋骨などが重なって、異常がないのに結節影があるように写ることもあるそうです。

 

まとめ

 

私の胸部CTによる精密検査の診断結果は、「生まれつき」でした。

 

肺というのは、左右に一つづつで、計2つあると思っていました。

実は、右の肺は3つ(上葉、中葉、下葉)、左の肺は2つ(上葉、下葉)の部分からなっているそうです。

 

そして、私の右肺は生まれつき、上葉のさらに上に、4つ目の葉が出来かけていたそうです。

これが白い影になって映っていたとのこと。

ですから、なんら問題ないという事で、ほっと一安心です。

 

CT検査は予約が必要です。

私の場合、朝1番を予約していました。

 

病院に入って、

受付をし、

検査室へ向かい、

検査を受け、

受付で会計を終わらせ、

病院を出る。

 

この間、掛かった時間は、およそ15分でした。

参考までに、かかった費用は五千円を少し超えた程度でした。

ホントに手軽に、比較的安い費用で受けることが出来る検査です。

検査を勧められた時には、気軽に受けて大丈夫です。

スポンサーリンク

-病気
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おたふくかぜの予防接種は受ける?その副作用(副反応)と効果は?

スポンサーリンク   子供が1歳を迎えるころに悩むのが、おたふくかぜの予防接種です。 この予防接種は任意なので、親の判断で受けさせるか否かを決めることになります。 費用も自己負担ですが、お金 …

血液検査をする場合に注意すべき前日から直前までの食事と運動

スポンサーリンク   学校や職場で健康診断を受ける人が多いと思います。 その診断項目の中に血液検査が入っている場合があります。 この血液検査は、様々な病気の発見に欠かせないものです。 &nb …

急性アルコール中毒の症状と応急処置!原因から防ぐ方法を知ろう

スポンサーリンク   お酒。 お酒は大昔から人の生活と共にありました。 お酒を讃える言葉はたくさんありますね。   日本には、四季折々の自然を愛でてお酒を飲む、という伝統があります …

今年の夏を夏バテ知らずで乗り切る方法

スポンサーリンク   夏は毎年やってきます。   夏は嫌いだぁ。 そんな声をよく聞きます。   何故嫌うのでしょう。 おそらく、汗ですね。 暑いからではなく汗をかくから。 …

赤ちゃんのあせもの原因が汗であることを理解して上手にケアしよう!

スポンサーリンク   赤ちゃんは天使!   赤いほっぺにプリプリのお肌。 たしかに~ (^^♪   でも、と~ってもお肌は弱いですね。 すぐにかぶれたり、あせもができたり …