そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

病気

腹部エコーと腹部CTでわかること。検査の違いはナニ?

投稿日:

 

病院で腹部エコー検査腹部CT検査を受けてきました。

何やら物々しい検査のように思うかもしれませんが、検査自体、痛くも痒くもありません。

検査時間も15分かからないです。

検査前の制約として、食事をしないこと、そして、排尿は控えるようにとの指示は受けました。

膀胱を検査するうえで、尿が溜まっている方が検査をしやすいそうです。

 

今回は、これらの検査の内容と何が判るのかを記述しておきます。

 

スポンサーリンク

 

腹部エコー検査でわかることは?

 

腹部エコー(超音波)検査は、超音波を発信する装置を腹部にあてて行います。

内臓から反射してくる超音波を画像にします。

装置をあてる部分には、超音波の伝わりを良くするためにゼリーを塗ります。

 

息を吸って・・・止めて・・・

普通に呼吸をして・・・

息を吐いて・・・止めて

これを何度も繰り返し、お腹全体に装置を当てていきます。

 

上向きに寝た状態で始まり、身体の向きを左にし、右に向きを変え、上向きに戻って終了です。

少し強めに装置を身体に押し付けることがあるので、軽い痛みと言いますか圧迫感を感じることもあります。

所要時間は10分程度でした。

 

長所

・内臓の動きを見ることが出来る

例えば、
腸のぜん動運動は正常か?
とか、
心臓の心拍は正常か?
あるいは、
妊婦のお腹の赤ちゃんの様子は?
など。

このように、臓器の動きを見ることは他の検査ではできません。

・装置が小型なので、場所を選ばない

動かせないような患者さんの場合や、屋外へも持ち出せるので機動性に富んでいますね。

・放射線を使わないので被爆の心配がない

短所

・超音波は骨を通過しないし、骨を見ることもできません。

ですから、骨に囲まれた頭の中の様子を見ることはできないし、骨の病気や骨折を診断することもできません。

・検査で得られた情報は、検査を実施した担当者にしか、正確にはわからい。

検査動画を撮影しても、その映像が、どの角度でどの方向から撮られたものなのか、がわかるのは検査をした人だけなのです

ですから、医師は、検査担当者からの報告を受けて判断することになります。

検査を実施する担当者の力量が問われることになりますね。

わかること

肝臓や腎臓、すい臓、胆のうなどの臓器や血管に異常がないかを調べることができます。

その他にも、腹部大動脈瘤や胸水、脾嚢胞性腫瘍、リンパ節肥大などがわかります。

また、子宮や膀胱などの様子を観察することもできます。

 

腹部CT検査でわかることは?

 

CTというのは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。

スポンサーリンク

身体にエックス線を照射し、通過したエックス線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することで身体の内部を画像化する検査です。

CT検査には、造影CT検査と単純CT検査があります。

造影CT検査は、造影剤を静脈注射して撮影するので、より正確な情報を得ることが出来ます。

 

今回は、単純CT検査を受けてきました。

検査自体は、CT装置の寝台にあおむけに寝ているだけです。

寝台が動いて円筒状の穴の中に移動して行き、撮影がされます。

途中、「息を吸い込んで止める」という行為を2度しただけで終了です。

所要時間は、2~3分といったところでした。

 

長所

・情報の精密性

X線(放射線の一種)を様々な角度で当てて、連続で撮影し、コンピュータで立体化します。

ですから、全身を輪切りにした断面図を見ることが出来ます。

最近では、1mm単位にスライスすることが出来るようです。

短所

・器機が大掛かりなので、レントゲンのように利便性はない

寝た状態での撮影になるので、背中の曲がった高齢者の方には大変です。

また、じっと寝ていることの出来ない小さな子供も同様ですね。

・放射線の被爆量が多い

身体に大きな影響を与えるわけではありませんが、レントゲンの150倍ほどの被爆量があります。

レントゲンのように毎日撮影できる、という様なものではないです。

わかること

肝臓がん、胆道がん、膵臓がんなどの腹部臓器原発の悪性腫瘍。

悪性腫瘍の大きさ。

腹部リンパ節への転移の有無。

また、消化管穿孔、胆石、胆嚢炎、膵炎、黄疸、尿路結石、解離性大動脈瘤、膿瘍などの診断。

 

検査の違いはナニ?

 

お腹の中の状態を迅速に検査したい場合や、内臓の動きを見たい場合は、エコー検査になります。

より精密なお腹の情報が欲しい場合はCT検査になります。

ですから、内臓の動きと精密データの両方を見たい場合は、両方の検査をすることになります。

 

まとめ

 

病院の検査というと、尻込みしてしまう人が多いと思いますが、エコー検査とCT検査については心配いりません。

まったくと言ってよいほど身体への負担はありませんから。

 

ちなみに、診察料金ですが、腹部エコー検査と腹部CT検査(単純)を受けて、六千円強です(3割負担)。

 

当日、同時に血液検査もしました。

採血の時、注射針を血管に刺したのですが血が出てきません。

ベテラン風の看護師さんは「あれっ?」と小さくつぶやいて、ぐっ!と注射針をさらに腕へ押し込みました。

しかし、血が出てきません。

「ごめんなさい。違う血管でやり直します。」

「え、え~っ」

(ちょっとかんべんしておくんなせぇ)わが心の叫び

注射の跡の貼るシールを2つ付けて帰路につきました(泣)

 

スポンサーリンク

-病気
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

チック症?子供の激しいウインクが気になる!注意すべきことは?

スポンサーリンク   「あれ?この子、やたらと右目でウインクをしているなぁ」 ある日、気付いた我が子の癖?   2歳6か月の長男ですが、右目のウインクを繰り返すようになりました。 …

熱性けいれんを起こした子供の症状と対処法。救急車は呼ぶべきか?

スポンサーリンク   小さなお子さんを持つご家庭では、病気が心配ですね。 ホントに、よく熱を出します。   ほぼ無菌状態のお母さんのおなかの中から出てくると、まぁ、病原菌だらけの世 …

おたふくかぜの予防接種は受ける?その副作用(副反応)と効果は?

スポンサーリンク   子供が1歳を迎えるころに悩むのが、おたふくかぜの予防接種です。 この予防接種は任意なので、親の判断で受けさせるか否かを決めることになります。 費用も自己負担ですが、お金 …

インフルエンザは怖くない!予防の方法と免疫力

スポンサーリンク   寒くなってくると話題に上るのがインフルエンザです。 普通の風邪だと、あまり気にしなくても、インフルエンザだとそうはいきません。   そもそも、インフルエンザは …

発達障害は正確に診断され理解することが大事。そしてその意味は?

スポンサーリンク   最近、良く聞かれるようになった発達障害という言葉。 同様に、アスペルガー症候群という名称も聞いたことがあるのではないですか?   実は、大勢の人たちが、大小の …