そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

ビューティー

シミ・シワの原因である日焼けを理解して防ぐことで対策をしよう!

投稿日:

 

最近の女性は、必要以上に日焼けに対して敏感に反応しますね。

各方面のメディアで、美白であることをもてはやす傾向が強いです。

以前は、夏の日焼け予防に限定されていたのですが、最近では一年を通して日焼け予防をうたう傾向にありますね。

特に日本女性の間では、長袖に手袋を身に付けて、帽子をかぶりサングラスを掛け、その上に日傘を持つという完全防備をする姿が多くなりました。

 

スポンサーリンク

 

そもそも、「日焼け」とは悪いことなのでしょうか?

日焼けの仕組みを理解することで防ぐ手立てを考えましょう。

あわせて、日焼けの効能を見てみましょう。

 

シミ・シワの原因となる日焼けの仕組みを理解する

 

日焼けの仕組みを理解できている人はどれぐらいいるのだろう。

日焼けってどういう過程を経て、どんな状態になることを言うのだろう。

見てみましょう。

 

 

日焼けは、紫外線の影響です。

 

この紫外線には、三種類あります。

「A波(UV-A)」「B波(UV-B)」「C波(UV-C)」です。

 

太陽から地球に届く紫外線の内、UV-Cは地表には到達しません。

UV-Bは、その0.5%が、UV-Aは、5.6%が地表まで届きます。

ですから、私たちの身体に影響があるのは、UV-AとUV-Bです。

 

それぞれの特性を見て見ましょう。

UV-Aは、皮膚の真皮層に作用してハリを失わせ老化を進めます。

UV-Bは、表皮層に作用して色素細胞がメラニンを生成し、この時、ビタミンDを作り出します。

UV-Bの作用で作られたメラニン色素をUV-Aが酸化させることで褐色になることを日焼けと呼びます。

 

そして、日焼けは、紫外線に対する人の身体の防御反応なのです。

茶色のメラニンを分泌して皮膚表面に沈着させる(日焼け)ことで、それ以上、紫外線が皮膚組織への侵入することを防ぐのです。

スポンサーリンク

 

気を付けたいのは、UVBとUVCを浴び続けること、皮膚がんになるリスクがあるからです。

 

シミ・シワの原因である日焼けを防ぐ方法

 

市販の日焼け止めローションやクリームは、紫外線の進入を防ぎます。

これらの商品には、「SPF値」とか「PA」と呼ばれる紫外線を防ぐ効果が記載されています。

 

SPF値はSun Protection Factorの略で主に日焼けの原因であるUV-Bの遮断率を表しています。

SPF25の場合は、対策をしない場合と比較して、紫外線が1/25になり、SPF100は1/100になることを表しています。

 

PAは protection of UVA の略で、UV-Aの遮断に対する効果を表しています。

PAは+(効果がある)、++(効果がかなりある)、+++(効果が非常にある)、++++(効果が極めて高い)の4段階で表わされています。

 

ですから、日焼けをしたくないのであるならば、SPF値とPAの表記を確認し、紫外線の進入をより防いでくれる日焼け止めを使用することです。

 

汗で成分が流れてしまうと効果が薄れるので、こまめに塗り直す必要があります。

 

また、きれいに日焼けをしたい人は、一度で焼くのではなく、日数をかけて焼くべきです。

・出来るだけUV-Aを防ぐ効果の高い日焼け止めをぬる。

・一日の日焼け時間を2~3時間以内にする。

・皮膚が熱を持って赤くなるなら、冷やしたり消炎ローションなどでほてりを抑える。

そして、肌が日焼けで黒くなってきたら、サンオイルを塗る。

 

夏の紫外線対策に!飲む日焼け止め

 

本当に日焼けすることはカラダに悪いことなのでしょうか?

 

日に焼けることは、シミを増やす原因になるよ!

日に焼けると、シワが深くなるよ!

日に焼けることで、皮膚がんになるよ!

 

何やら、日焼けを全否定しているかのようなテレビのCMやら健康番組が多いです。

そのため、必要以上に太陽を恐れる人が増えています。

太陽というよりも紫外線ですね。

 

ところで紫外線は本当に有害なのでしょうか?

そんなことはないです。

 

実は、こんな事がわかっています。

アラブの女性達は、全身をベールで覆って生活していますね。

そのため日光を浴びることがありません。

すると、体内のビタミンDが慢性的に不足してしまいます。

ビタミンDは、皮膚が太陽の紫外線を吸収することで生成されるからです。

結果、骨軟化症や骨粗しょう症になる人が非常に多いそうです。

 

また、日光の紫外線には皮膚の免疫能力を維持させる働きがあります。

ですから、紫外線を避け続けていると、免疫力が低下するわけです。

 

まとめ

 

何でもそうですが、過ぎる行為はNGです。

紫外線についても適度に浴びる必要があります。

過剰な反応は、身体のためにならないですね。

 

スポンサーリンク

-ビューティー
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

化粧パフの汚れが顔ダニを繁殖させる!?洗い方のおすすめはコレ!

スポンサーリンク   女性はお化粧に時間もお金も掛けますし、労力も惜しみませんね。 もちろん綺麗になるためです。 自分に合うなら高価な化粧品も買っちゃう!(^_-)-☆ 少しでも綺麗と思われ …