そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

ビューティー

化粧パフの汚れが顔ダニを繁殖させる!?洗い方のおすすめはコレ!

投稿日:

 

女性はお化粧に時間もお金も掛けますし、労力も惜しみませんね。

もちろん綺麗になるためです。

自分に合うなら高価な化粧品も買っちゃう!(^_-)-☆

少しでも綺麗と思われたいからです。

 

ここで少し想像してみて下さい。

 

例えば、夕飯のおかずの一品に、新鮮なマグロの赤身の短冊を買って来ました。

アナタは、まず手を綺麗に洗い、綺麗に洗ったお皿を用意し、綺麗に殺菌洗浄したまな板の上で、買ってきた短冊を切ります。

この時、使用する包丁は、前日使用したまま洗っていません・・・台無しです (;’∀’)ナンテコトダ!

 

スポンサーリンク

 

実は、お化粧においても、この例と同様のことをしてしまっている人が多いのです。

アナタは、何か思い当たる節は無いですか?

そのあたりを見てみましょう。

 

化粧パフの汚れはトイレの床並み!

 

毎日お世話になっている化粧パフって洗っていますか?

洗っていない人、多いんじゃないですか?

 

先の例にも挙げましたが、いくら綺麗な化粧品を塗っても、使用するパフが汚れていれば何にもなりません。

実は、アナタの目には見えない世界で、ある物が、アナタのニキビや肌荒れの原因を作っていることを知っていますか?!

 

化粧パフは、直接お肌に擦り付ける物ですから、当然、肌の汚れや皮脂、はがれた角質などを吸着します。

そして、何よりも厄介なのは、アナタの顔の皮膚にいるバクテリアなどといった雑菌です。

化粧パフには、これら雑菌も付着することになります。

 

もうお分かりですね。

 

化粧パフに付着した雑菌は、同じく付着した肌の汚れや皮脂、はがれた角質をエサとして、爆発的に繁殖することになります(驚)

特に、使用した化粧パフは湿気の多い洗面所に置いておくことが多いですから当然の結果ですね。

 

そして、アナタが次に、この化粧パフを使うときには、大量に繁殖した雑菌を化粧品と共に、アナタの顔へ塗りたくることになるのです(怖)

 

ある一定量の雑菌が皮膚にいることは、何ら問題ないですが、大量に、となると話は違ってきます。

肌荒れやニキビ、吹き出物の原因になることは必至ですね。

 

ある実験結果では、たった1週間使い続けただけの化粧パフには、夏だと8万個、秋でも4万個の雑菌が検出されました。

この結果は、トイレの床よりも雑菌の数が多いのです! (;’∀’)ワオ!

 

化粧パフには顔ダニが繁殖しているってホント?

 

顔ダニ?聞いたことありますよね。

スポンサーリンク

 

実は、成人のほぼ100%の人の顔に生息しているのです。

そして、その数100万匹! (;’∀’)マジカ!

 

これもまた、肌の汚れや皮脂、はがれた角質をエサとしているのです。

ですから、皮脂の多い顔や頭に多く生息しています。

 

こう聞くと気持ちが悪いのですが、実は、顔ダニも少数ならば問題ないのです。

逆に、汚れを食べてくれるので役にも立っています。

 

ただ異常な数となると話は別で、肌のトラブルの原因の一つとなります。

顔ダニも雑菌同様、化粧パフについてしまうので、衛生的に洗う必要がありますね。

 

化粧パフ 洗い方 おすすめ

 

化粧パフは、理想的には使用する度に洗浄すべきです。

最低でも2~3日使用したら洗うようにしましょう。

化粧パフを一日片面使用するとして、二日ですものね。

洗うのが面倒くさいという方は、使い捨ての物を利用しましょうね。

 

洗い方は、専用のクリーナーが良いですが、固形石鹸や食器用洗剤でも大丈夫です。

化粧パフを40℃ぐらいのお湯につけて、しっかりと湿らせ、洗剤を付けてやさしく丁寧にモミ洗いしましょう。

後は、洗剤の成分をしっかり落とすように流水で流しましょう。

洗い終えたパフは、型崩れをしないように強く絞らないで下さいね。

タオルで挟んで、ぎゅっと押し付けることで脱水します。

水気を切った後は、風通しの良い場所で陰干ししましょう。

 

まとめ

 

お肌の雑菌や顔ダニの存在を意識して、化粧パフの衛生的な使用方法を実践していきましょう。

私たちのお肌は敏感ですから。

それと、よく化粧品売り場のテスターのパフを使っている人を見かけますが、やめておきましょう。

理由は、もうお分かりですね。

スポンサーリンク

-ビューティー
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

シミ・シワの原因である日焼けを理解して防ぐことで対策をしよう!

スポンサーリンク   最近の女性は、必要以上に日焼けに対して敏感に反応しますね。 各方面のメディアで、美白であることをもてはやす傾向が強いです。 以前は、夏の日焼け予防に限定されていたのです …