そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

クリスマスの過ごし方を海外と比べてみよう!ブラックサンタって?

投稿日:

 

街を彩るクリスマスの装飾。

そして、イルミネーション。

街の店という店からクリスマスソングが流れてきます。

 

恋人と過ごす人。

家族で祝う人。

 

そもそもクリスマスの過ごし方ってあるのでしょうか?

海外でも同じようなクリスマスの過ごし方をしているものだと思っていましたが、違うのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

クリスマスの過ごし方に日本と海外で違いがある?

 

皆さんは、どんなクリスマスを過ごしていますか?

日本では、クリスマスの25日よりも、イブの24日に力を入れている人が多いように感じるのは、私だけでしょうか?

 

海外から入ってきた文化であるクリスマス。

どうも、日本人向けにオリジナルなアレンジをされているようです。

どういう違いがあるのか見てみましょう。

 

日本のクリスマス

12月に入ると街がクリスマスの様相を呈してきます。

イルミネーションや飾り付け、音楽もクリスマスを演出し出します。

少し浮かれた感じのする街の夜に心躍る感じがしますね。

日本のクリスマスは24日のイブがメインであるイメージです。

恋人と過ごす人、家族でホームパーティをする人。

ケンタッキー・フライド・チキンを食べ、

ビザやクリスマスケーキを食べます。

そして、子供たちが寝静まった24日の晩にプレゼントを枕元へ置く。

こんな感じでしょうか。

 

海外のクリスマス

国によって祝い方は違うでしょう。

アメリカの場合はどうでしょうか?

街は、ハロウィンが終わるとすぐにクリスマスの装いになります。

そして、年を明けて1月まで、その雰囲気を残しています。

日本のクリスマスより長い期間をお祝いするようです。

メインになるのは25日です。

この日は、恋人や誰かと過ごすのではなく、家族や大人数の盛大なパーティーをするのが一般的です。

そして、チキンではなく、ターキー(七面鳥)やビーフ、ハムを食べます。

さらに、一番の違いは、25日は、祝日になります。

官庁、金融機関、民間企業、学校のほとんどが休日になります。

スポンサーリンク

 

海外では、国を挙げて盛大に、イエス・キリストの誕生を祝うのですね。

 

クリスマスといえばサンタですが、ブラックサンタを知っていますか?

 

クリスマスといえば、もちろんサンタクロース。

子供たちに夢を与えてくれる人物です。

白い髪に白いひげ、そして赤い服装。

優しい笑顔で子供たちにプレゼントを配ってくれます。

 

実は、海外では「黒いサンタクロース」がいるって知っていましたか?

ブラックサンタです。

ヨーロッパの各地では、「悪い子」を懲らしめるサンタクロースがいます。

 

例えば、ドイツのブラックサンタは、クネヒト・ループレヒトです。

クネヒトとは、「召使い」「従者」などの意味だそうです。

ループレヒトは男性の名前です。

その姿は、長い髭で毛皮を着て、長い棒や灰の袋を持っているようです。

そして、子供たちにお祈りができるかを尋ねます。

「できる」と答えた「よい子」には、りんごや木の実、パンなどをご褒美として与えます。

「できない」と答えた「悪い子」には、灰袋で叩いてお仕置きをします。

 

日本でいうと、秋田県で有名な「なまはげ」のような存在ですね。

 

まとめ

 

日本でクリスマスといえば、恋人たちの夜というイメージが強いですね。

これはに、日本人の国民性が関係していると思います。

日本では、長らく男女間には、ある一定の距離感がありました。

例えば、「夫人は三歩下がって歩かなければいけない。」的な考え方がありました。

そこから、時代を経て男女平等という考え方が一般的になります。

今日の日本では、人前で男女が仲良くすることが普通にできるようになりました。

(;^_^A)羨ましい

ここに来るまでに、クリスマスやバレンタインといったイベントが男女の間を近づけることの一翼を担ったのだと思います。

ですから、日本では恋人たちの日というイメージになっているのでしょうね。

 

スポンサーリンク

-イベント
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お宮参りに同行する祖父母の恥ずかしくない服装とお祝い金の相場

スポンサーリンク   我が子の誕生は、とても嬉しい出来事ですが、孫の誕生も負けず劣らず嬉しものです。 誕生の喜びも冷めないうちに、次の行事があります。   お宮参りです。 &nbs …

いたみ花火大会(兵庫県)の穴場スポットや駐車場、交通規制情報

  スポンサーリンク   大阪国際空港があることでも有名な兵庫県伊丹市で行われる「いたみ花火大会」。 毎年、8月の第4土曜日に開催されます。 今年は、8月26日(土)の午後7:30 …

月見の宴が開催される国宝松本城の見どころと駐車場の情報

スポンサーリンク   吹き抜ける風が爽やかになってきました。 見上げる空の青さも増してきています。 陽が落ちるのも早くなり、夕暮れの空気感が、少し物悲しく感じられます。 秋に向かっているので …

敬老の日にもらって嬉しいものは?おじいちゃんおばあちゃん、何?

スポンサーリンク   9月も半ばを過ぎ、まだまだ残暑が厳しい時期ではありますね。 そんな日々の中にも、「秋めいて来たなぁ」と感じる瞬間が、ちらほら出てきました。 何でしょう、少し物悲しく感じ …

花火大会と言えば夏ですが、9月にも兵庫県で開催されるんですよ!

スポンサーリンク   花火大会と言えば夏の風物詩です。 ほとんどの花火大会は7月か8月に開催されます。 そんな中、9月になっても開催される花火大会があります。   近年は残暑が厳し …