そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

父の日のプレゼントをオヤジ目線で考えてみよう

投稿日:2017年3月30日 更新日:

 

「父の日」は、「母の日」に比べて影が薄いですね。

実際、母の日のプレゼントと父の日のそれを比べると

圧倒的に母の日にプレゼントを贈る人の方が多いです。

 

お母さんの方が大事にされているのね(泣)

 

お父さんは、家族のために、

外で頑張って働いているのですが、

家の中で家族のために動きまわっている

お母さんの姿の方が大変そうに

見えるんでしょうね、子供には。

 

話はそれましたが、数少ないでしょうが、

「父の日のプレゼントを考えている人」に、

何かヒントになればと、

オヤジ目線で考えてみますね。

 

スポンサーリンク

父の日によくあるプレゼント

 

プレゼントを考えるときに、

大前提は、贈られる人が

「気に入ってくれそうな物」を選びますよね。

そして、「持っていない物」を。

 

お酒が好きだから
愛煙家だから
ゴルフ好きだから
草野球チームに入って楽しんでいるから
バイクでツーリングに行くから

 

なんて、お父さんの趣味や好むことがわかれば

おのずと贈り物は見えてきますよね。

まず外すことのないプレゼントを用意できます。

 

あるいは、お父さんの好き嫌いではなく、

自分がお父さんに「これを使って欲しい」とか。

 

通勤に使っている鞄がくたびれている
革靴の踵がすり減っている
財布がボロボロになっている
ベルトが今にも切れそう
整髪剤がなくなりそう
電動ひげそりも寿命かなぁ
ちょっと香水でもつけるといいのに

スポンサーリンク

 

普段、気になったところから

プレゼントを考えるのも鉄板です。

 

また、物ではないプレゼントもいいですね。

 

温泉で心と体を癒してもらう
外食を楽しんでもらう
なかなか行けない映画鑑賞でリフレッシュ

 

これも思い出に残りそうです。

 

感謝の心が伝われば良いのです

 

「父の日」にこだわる必要はないです。

 

常日頃から「感謝の心」が伝われば、

感謝まで行かなくても、

「心で思っているよ」ということがわかれば

お父さんは、満足なんです。

 

それに、プレゼントを贈るというのは、

実は、非常に難しいことだと思うのです。

何でも良いというわけにはいきません。

 

何故なら、もらった方は、それを使うことになるのです。

もし、自分の趣味に合わないようなものを頂いたとしたら

ストレスにしかなりません。

 

例えば、鞄をもらったとして、

それが気に入らない色やデザインだったとしても、

我慢して使うことになります。

せっかくの好意をむげにするのは心苦しいですから。

 

「贈り物をすれば良い」と考えるのは、

実は、自己満足なのですね。

 

「贈る」ということが目的にならないようにしましょう。

目的は、喜んでもらうことですからね。

 

最後に、小さい子供なら、お小遣いで

コンビニのシュークリームとかで良いですね。

その気持ちが、かわいらしく

とっても嬉しいものです。

 

スポンサーリンク

-イベント
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

全国新作花火競技大会!プロの花火師たちが腕を競う諏訪湖の花火大会

スポンサーリンク   花火と言えば夏の夜ですね。 毎年、残暑厳しい9月に行われる一味変わった花火大会があります。 長野県の諏訪湖で開催されている花火大会です。   諏訪湖と言えば、 …

父の日に贈る、嫁から義父への感謝を込めたプレゼント

  あなたのお父さんは、基本、1人ですね。 でも、結婚すれば、当然、お義父さんができますね。 スポンサーリンク すると、おとうさんが二人になります。   二人のおとうさんとの関係を …

敬老の日におばあちゃんに贈りたいプレゼントはコレ!

スポンサーリンク   プレゼント。 いい響きですね。 プレゼントには、人の心を温かくする力があります。   贈る人の顔を思い浮かべて、生活スタイルや趣味や性格までも考え合わせながら …

紅葉のライトアップが楽しめる京都の清水寺の見どころとプチ裏技

スポンサーリンク   秋と言えば紅葉です。 では、紅葉と言えば何処を思い浮かべますか?   京都。   古くから日本の政治、文化の中心となっている京都。 第二次世界大戦の …

芦屋浜の花火大会の周辺の穴場情報は?駐車場ありますか?

スポンサーリンク   数ある夏の風物詩の一つに花火大会があります。   街中が不快感に満ちた、ジメジメとした長い梅雨時期を過ごし、やっとの梅雨明け。 それと同時に、その憂さを晴らす …