そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

お宮参りに行く際のママの服装!服装選びのポイントとNGな服装は?

投稿日:

 

可愛いらしい赤ちゃんを授かって、明るく賑やかな家庭ではありますが、何かとバタバタとした日を送ることになりますね。

そんな中、赤ちゃんの健やかな成長をお祝いする行事が次々と巡ってきます。

1歳になるまでの1年間に行われるお祝い行事としては、「お七夜」「お宮参り」「お食い初め」「初節句」「初誕生」などがあります。

今回は、「お宮参り」。

特に、ママの服装について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お宮参りへ行く際のママの正式な服装

 

お宮参りへ行く際のママの正式な服装と言いますと、黒留袖です。

言わずと知れた、既婚女性が着用するもっとも格式が高いとされる「第一礼装」ですね。

 

最近では、「準礼装」「略礼装」でも充分です。

「準礼装」は、礼装に準じた改まった装いで、訪問着や色無地があります。

「略礼装」は、江戸小紋、付け下げ、小紋などがあります。

 

そこまで正式な装いに固執しないのであるならば、他に選択肢はないのでしょうか。

あります。

もう少し見ていきましょう。

 

お宮参りへ行く際のママの服装選びのポイント

 

まず、押さえておきたいのは、

「お宮参り」は、生後一か月頃の良い日に氏神様へ参り、

赤ちゃんの誕生祝い、健康と長寿を祈る儀式です。

正式には、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされています。

 

この事から判断できることがいくつかありますね。

生後一か月の赤ちゃんですから、途中、授乳の必要がありそうです。

オムツの交換も必要でしょう。

 

また、お祓いを受け祝詞を上げてもらい、

記念撮影をして、その後は食事会、

などという全体の所要時間についても考慮が必要ですね。

 

そして、当然ですが神聖な場所へのお参りですので、その点配慮が必要です。

 

お宮参りへ行く際のママのNGな服装

 

まずは、お宮参りへ行く際のママのNGな服装について見てみましょう。

 

「神社のお参りに行くのに、堅苦しい服装なんてしなくても、普段着でいいじゃん」

スポンサーリンク

本当に、そうですか?

古くからのしきたりに従う必要はない、と言うのであるならば、お宮参り自体をする必要も無いのではないですか?

どうせならば、古くからの慣習に倣いましょう。

 

服装の格を合わせることが大事

 

お宮参りに参加するのは、どんな人たちですか?

両家の両親とパパママ、そして赤ちゃんで参加されますか?

 

ここで、大事なのは「参加者全員の格を合わせる」ことです。

 

赤ちゃんだけに正装をさせて、ママは普段着。

おじいちゃんとおばあちゃんは正装なのに、パパとママは普段着。

どれもアンバランスですね。

 

お宮参りへ行く際のママの服装はこれでOK

 

あまり堅苦しく考える必要はありません。

上記の、服装選びのポイントでも書きましたが、授乳やおむつ交換、さらには、やんちゃ盛りの上の子がいるかもしれませんね。

そうなると動きやすい服装が望まれます。

ですから、

お宮参りへ行く際のママの服装は、スーツやワンピースで良いでしょう。

 

まとめ

 

お宮参りは、生後一か月の頃です。

もしかしたら、真夏や真冬と言った時期にあたるかもしれません。

でも、赤ちゃんの体調を考えると、無理は禁物です。

お宮参りの時期は、ずらせても全然問題ありません。

可能ならば、お天気の良い、混雑の少ない日を選んでお参りしたいものです。

とにかく、赤ちゃんの事を一番に考えて行動しましょう。

家族で良く話し合って、生後六か月くらいまでにお参りしましょうね。

 

我が家の次男は1月生まれでしたので、「寒い時期を避けよう」と考えて、4月にお宮参りをしました。

生後三か月の次男は、他のお宮参りの赤ちゃんの中で、抜きん出て大きな赤ん坊でした(笑)

生後一か月の赤ちゃん用に作られた帽子は、次男に小さ過ぎて、頭にちょこんとのっているという具合でした(爆)

その時に撮った写真も、今では良い思い出になっています。

スポンサーリンク

-イベント
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

紅葉を京都府で楽しむなら京都御苑!アクセス?駐車場?

スポンサーリンク   なんだか清々しい日が続くなぁ、と思いだすと秋が近づいている証拠ですね。 セミに代わって、いつのまにか秋の虫が涼し気に鳴き声を上げています。   日本の秋と言え …

デートを神戸で楽しむなら船でクルーズしながらのランチ、ディナー!

スポンサーリンク   デート。   好きな人、大切な人と一緒に過ごす大事な時間。 何もしない、ただ二人で寄り添うだけのデートもいい。 でも、記念日や、何か二人にとって大事な日のデー …

兵庫県養父市(やぶし)の花火大会~せきのみやふれあいまつり~

スポンサーリンク   夏の夜を彩る花火の美しさ。 日本の夏は、全国各地で花火大会が開催されています。 100万人以上の観客を集める花火大会もあれば、1000人ほどの小さなものもあります。 規 …

我が家のハロウィンの飾り付けは手作りで楽しみます!

スポンサーリンク   毎年10月31日は、ハロウィンです。 10月に入る頃には、街ではハロウィンの兆しが見え隠れしてきますね。   お店のショーウィンドのディスプレーにもお目見えし …

節分に、豆をまいて恵方巻を食べるという行事~福は内、鬼は外~

スポンサーリンク   一月に入ると、スーパーでは、 節分に食べる恵方巻の予約受付が始まります。 早いところでは、12月中から広告が出たりします。 「1月10日までに予約された方は10%オフ! …