そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

母の日に義母へのプレゼント!どんな贈り物が喜ばれるの?

投稿日:2017年5月3日 更新日:

 

今年もやってきます「母の日」

この始まりは相当古いそうですが、日本では1949年(昭和24年)頃からアメリカに倣って5月の第2日曜日に行われるようになったようです。

子供のころは学校の授業の中で、お母さんへの感謝の気持ちを伝える作文を書いたり、お母さんの似顔絵を描いたり、カーネーションの造花を作ったりしましたね。

そういうこともあって、日本でも「母の日」は、記念日と言ってもよいぐらい定着していますね。

 

スポンサーリンク

ご自身のお母さんへの「母の日」プレゼントは決まりましたか?

プレゼントをするにせよしないにせよ、お母さんだからあまり気を使わなくてすみますね(笑)

でも、結婚を機に、もう一人のおかあさんができるわけです。

そう、お義母さんです。

気遣い、っぱねえっす!な~んて言葉が聞こえそうですね(爆)

「母の日」「父の日」「バレンタインデー」

どうして、こんなに気を使わなければならい日を文化として根付かせたのかしら。

そもそも、あえて特別な日をつくらなくても、「お世話になっている人たちに感謝するのは当然です」という教育を私たちは受けているのにね。

特別な日を作ることで、気持ちのこもらない儀礼的なものに低下しているような、複雑な気持ちになります(汗)

何はともあれ、あるものは仕方がないので(←開き直らないで下さい)流れに乗りましょう(笑)

お義母さん。

あなたのお義母さんはどんな人ですか?

「母の日」について、どう考えている人ですか?

「プレゼントをもらうのはふつうのことでしょ」

「なんでもいいわ」

「何、これ」

「こんなことしなくてもいいのに」

ここだけの話、やりにくいお義母さんもいるでしょうね(;^_^A アセアセ・・・

どんなタイプのお義母さんでも、「母の日」のプレゼントを贈るのならば、この先ずっと送り続けることが大事です。

途中でプレゼントを贈るのをやめるのであるならば、最初からしないという覚悟が必要です。

スポンサーリンク

最初から無ければなんでもないことが、有から無へ変わると、感謝から憎悪に変わるかも(;^_^A

あなたの嫁として評価はダダ下がりになる危険がありますからね(怖)

プレゼントを贈るということはお義母さんに喜んでもらいたいわけです、当然。

となると、今まさに欲しいと思っている物を贈りたいのが人情ですね。

まぁ、最初の数回は、何とか気に入ってもらえる贈り物を渡せるでしょうが、続くわけがない(キッパリ)

ならば、あまり気合を入れすぎないように。

そして、「母は、いくつになっても我が子を愛おしく思っている」という、このことを忘れないで下さい。

要は、我が子(あなたの夫です)の幸せを一番望んでいるということ。

あなたと我が子の夫婦生活が幸せであることが一番のプレゼントなのです。

とは言え、贈ると言う前提で考えてみましょう。

たまたま、お義母さんの欲しがっている物がわかって、予算的に可能ならばよしですが、決して高価なものを贈るのはやめましょう。

逆に、お義母さんに気を使わせてしまいますからね。

あとは、形として残らない物がいいでしょう。

カバンや靴、装飾品といったものは好みがありますよね。

外れた場合のお母さんの立場になってみて下さい。

使いたくないし、捨てたくても捨てれない・・・やめておきましょう。

どうしても贈るべきものが思いつかない場合は花にしましょう。

「ありがとうございます」のメッセージを添えて。

ただ、アートフラワーのように枯れない花はやめましょうね。

捨てるタイミングを逸しますよね。

あるいは、化粧品。

その中でも、スキンケアのための基礎化粧品の類はお薦めですね。

「お義母さん、このクリーム、すごく良かったから使ってみて下さい」

口紅や頬紅、アイシャドウなどは外観を整える、目に見えるものなので好みが別れるところですが、基礎化粧品なら大丈夫ですね。

贈り物をするという行為は、とかく自己満足になりがちです。

相手に喜んでもらうことは第一義ですが、できるだけ相手に気を使わせないことのほうが大事ですね。

スポンサーリンク

-イベント
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

兵庫県養父市(やぶし)の花火大会~せきのみやふれあいまつり~

スポンサーリンク   夏の夜を彩る花火の美しさ。 日本の夏は、全国各地で花火大会が開催されています。 100万人以上の観客を集める花火大会もあれば、1000人ほどの小さなものもあります。 規 …

日本の夏の行事、お盆の過ごし方。迎え火、送り火でご先祖様供養。

スポンサーリンク   日本の夏、〇〇の夏~♪(笑)   毎年、夏に行われる、日本の行事、お盆。 ご先祖様を供養するという、大事な大事な行事です。   ご先祖様というと、ご …

節分に、豆をまいて恵方巻を食べるという行事~福は内、鬼は外~

スポンサーリンク   一月に入ると、スーパーでは、 節分に食べる恵方巻の予約受付が始まります。 早いところでは、12月中から広告が出たりします。 「1月10日までに予約された方は10%オフ! …

クリスマスに華麗なイルミネーションを関西で楽しむ!なんばパークス

スポンサーリンク   クリスマス。 皆さんは、どのように過ごされますか?   家族でホームパーティ。 友人たちと宴会。 恋人とディナー。 どれも素敵ですね。   自分たち …

お宮参りに同行する祖父母の恥ずかしくない服装とお祝い金の相場

スポンサーリンク   我が子の誕生は、とても嬉しい出来事ですが、孫の誕生も負けず劣らず嬉しものです。 誕生の喜びも冷めないうちに、次の行事があります。   お宮参りです。 &nbs …