そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

独り言

木枯らしの日と小春日和が交互に繰り返されて寒い冬へ向かいます

投稿日:

 

夏が終わり、秋も深まってくると、急に冷たい強い風が吹き荒れる日が出てきます。

台風でもなく、雨の様相もない天気にもかかわらず、いきなりの強風。

 

木枯らし(こがらし)。

 

この時期に重なるように、「木枯らし」という表現が聞かれるようになります。

また、その対語のように「小春日和(こはるびより)」という表現も聞かれます。

 

この機会に、なんとなく感覚で使っている「木枯らし」と「小春日和」という表現について見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

知っているようで知らない「木枯らし」とはナニ?

 

「きょう○○日午前、東京地方と近畿地方で木枯らし1号が吹いた」

このような発表が、新聞・テレビ・ラジオ・ネットニュース等でされます。

 

そもそも「木枯らし」とはどういうものなのでしょうか?

 

晩秋から初冬、10月半ばから11月末ごろに掛けて、風速8m/s以上北寄りの風が吹くと、その風を「木枯らし」と呼んでいます。

この時には、気圧配置も西高東低の冬型を示しています。

 

ちなみに、「北寄りの風」というのは、北を中心として、北西から北東の範囲の方向から吹く風のことです。

また、「北向きの風」は、北から吹く風のことを言い、北に向かって吹く風のことではないですからね。

 

「木枯らし」が吹く仕組みはどうなっているのでしょうか?

冬になるとユーラシア大陸から日本に向かって季節風が吹いてきます。

この季節風は、日本海でたっぷりと水分を含みます。

そして、日本列島の中央に連なる高い山々にぶち当たり、日本海側に雨や雪を降らせます。

その結果、山を越えた、水分の抜けた乾いた風が、太平洋側へ吹きおろしてくることになります。

スポンサーリンク

これが「木枯らし」です。

 

その年の最初の木枯らしを「木枯らし1号」と言います。

木枯らしは何度も吹きます。

ですから、1号、2号、3号・・・とあるわけです。

しかしながら報道されるのは1号だけなのですね。

 

勘違いされやすい小春日和とは?

 

 

「きょうは、小春日和(こはるびより)ですね」

なんて、挨拶をしたりします。

 

小春というのは、旧暦の10月のことを言います。

旧暦の10月は、現在の暦で言うと11月から12月上旬に当たります。

 

この時期(晩秋から初冬にかけて)に現れる穏やかな暖かい晴天のことを小春日和と言います。

春という単語が含まれていることから、春先の暖かい日のことを言うと誤解しやすいですね。

 

まとめ

 

秋が深まったある日、木枯らし1号が吹き荒れます。

これを合図とするかのように、小春日和と木枯らしの吹く日が相互に繰り返されるようになります。

そして、徐々に木枯らしの吹く日が増えて、季節は冬へと近づいていきます。

 

スポンサーリンク

-独り言
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

雨の日は楽しくないけど少しでも快適に過ごすための方法

スポンサーリンク   いや~、雨の日の気分の下げ具合、ぱねぇっす(苦笑)   日本には「梅雨」という長い雨の季節がありますから、 この時期に雨を避けることはできませんね(鬱) &n …

ダイエーでお得な買い物の仕方!各種カードを使いこなそう!

スポンサーリンク   すべての食事を基本的には外食で済ませる、という人以外は、週に何度かの買い物をします。 家庭の主婦ならば、毎日と言っていいほど買い物をしていますね。 少しでも安い商品を探 …

彼氏彼女へ贈りたいプレゼントはコレ!クリスマスや誕生日に!

スポンサーリンク   今のアナタに、大切な人はいますか? 彼氏がいますか? 彼女はいますか?   大切な人のことを思う時、やさしい気持ちになる自分がいます。 好きな人がいると、何気 …

孫だから見える成長の早さ!じぃ~じとばぁ~ばの楽しみ

スポンサーリンク 人は、成人し伴侶を得て家庭を持ち、 子を育てるという人生を送ります。   一文で簡単に書いていますが、その内容は、 ノンフィクションの大冒険小説のようなものです(笑) &n …

日本語の難しさ~忖度(そんたく)なんて使ったことな~い!

スポンサーリンク   何やら世間を騒がす言葉「忖度」。 “そんたく”と読むそうである。   聞いたことねぇし(汗)   大阪で問題が持ち上がった、 教育の現場に関係するや …