そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

キャンプ

オートキャンプを楽しもう!絶対!持って行きたい便利グッズ

投稿日:2017年3月4日 更新日:

 

私がお薦めするオートキャンプは、

自動車でキャンプ場まで行き、

さらには、自分のサイトに横付けできます。

 

だから、荷物の重量や数量なんか

考えなくてもいい~んです!キッパリ

 

ならば、少しでも快適なキャンプを楽しむために

これがあれば超便利!

~的なグッズを全部持って行きましょう!(笑)

 

まぁ、あまり気合を入れすぎると

収拾がつかなくなって、

キャンプ場で困り果てることになりますからね。

 

お気をつけあそばせ~ ( ´艸`)プププ

 

スポンサーリンク

さてさて、どんなグッズがあればいいのでしょう?

 

我が家のおススメ便利グッズを見てください。

 

あ~ねぇ、な物から、

おおっ~、な物まで取り揃えております(笑)

 

では、行ってみましょう!

 

① 洗濯バサミ

 

物を干す時に使うのはもちろんですね。

 

それ以外に、例えば、

テントの出入り口を開けておくのに使えます。

 

いちいち、ぐるぐる巻きあげるという

面倒な作業をすることなく、

洗濯バサミで止めておけば簡単です。

 

テントの出入り口は、開けっ放し、閉めっ放し、

だと良いのですが、開け閉めが頻繁にあると

結構面倒くさいものですから。

 

② 結束バンド

 

配線を束ねたりするのに使います

 

電源ボードから電気を引く際に、

例えば、だらしなく、延長コードを

地面に這わすのではなく、

ポールやテントの支柱に這わせて縛ることで、

見た目もすっきり邪魔にならないです。

 

それじゃなくても、サイト内は、

あちらこちらにロープが張られているので

足元を引っ掛けやすく転倒に注意ですからね。

 

結束バンドを外すときは、

ニッパ―やハサミでチョキン!でOK。

 

安い物だからどんどん使いましょうね。

 

③ 団扇(うちわ)

 

これは重宝します。

 

本来は、暑さをはらうために、

あおいで風を起こすのですが、

まぁ、虫を追いやったりするのにも使いますか。

 

キャンプでの火おこしには絶対です。

 

あるのとないのでは、どエライ差です(笑)

 

焚火の勢いを増そうとする際、

口でふぅ~ふぅ~なんてしようものなら、

ほぼ高い確率で酸欠で、頭くらくらですから(汗)

 

絶対、忘れないようにしましょう!

 

我が家では、キャンプ道具をしまうボックスの中に

常に放り込んでいます。

 

④ ハンガー

 

キャンプでは、ロープ一本張れば、

即席の物干し竿が簡単に設置できます。

 

サイト内の植木やシンク、電源ボード・・・

しっかりしたものに結び付けると良いですね。

 

テントのポールと結びつけるのも良いのですが、

あまり重たいものをぶら下げるのはやめましょうね。

 

テントが倒壊する恐れもありますから(笑)

 

ここでハンガーが存在感を示すわけです。

ハンガーがあれば足元に置いている

邪魔な服なんかを片付けられますね。

スポンサーリンク

 

タオルかけにもできますから

手を洗うたびにタオルを探すこともないです。

 

それにアウトドアなので、

手洗いの回数は半端なく多くなりますからね。

 

さらに、ハンガーがプラスチックならば、

真ん中を切断してキッチンペーパーや

トイレットペパーを通してぶら下げておけば

使い勝手がいいですよ。

 

⑤ ブルーシート

 

テントを地面に、直に設置する人が多いですが、

下にブルーシートを敷くだけで、

湿気対策、汚れ対策に非常に有効です。

 

また、急な天候の変化で雨が降ってきた時など、

さっと一枚取り出して荷物に被せればOKですね。

 

ブルーシートをタープやテントとして

使うこともできます。

 

安くてかさばらない物なので

荷物に一枚紛れ込ませましょう。

 

そうそう、キャンプ道具を車に積み込む際、

荷の下に敷くことで車の汚れ防止になりますよ。

 

⑥ リクライニングシート

 

一口にキャンプ用のイスといっても、

いろんな種類のものが販売されています。

 

その中でも、是非とも購入して頂きたいのが、

リクライニングをすることができるイスです。

 

日常の喧騒を離れて、

非日常をゆ~ったり過ごすためにするキャンプ。

 

時間を見つけてリクライニングシートを倒して下さい。

超絶、気持いイイですから!

もう、な~んもいらねぇ~ってなりますよぉ。

 

少し、お値段お高めですが、

コストパフォーマンスは非常に高いですからね。

 

⑦ S字フック

 

小物をちょいとブラ下げるのに重宝します。

 

あれっ?車のキーどこぉ?

なんてことにならないように(笑)

 

⑧ ビニール手袋

 

お医者さんが手術の時に使っているアレです。

薄手のビニ手です。

 

これをちょっとアレンジした使い方をします。

 

まず、軍手をはめます、そして、

その上からビニール手袋をするのです。

 

こうすると、濡れ作業をすることもできますし、

かつ、手を保護することもできるので、

少々ハードな手作業も安心して取り組めますよ。

 

庭作業をする時なんかにもイイですよ。

お試しあれ!

 

⑨ 食器を乾燥させるためのネット

 

キャンプでは、食器を洗浄したあとの

置き場所に困ります。

 

そんなときに重宝するのが

乾燥させるためのネットです。

 

つりさげるタイプの物だと

場所もとらず衛生的でイイですね。

 

キャンプ用品として、

「ハンギングドライネット」

なんていう名称で売られていたりしますが、

ホームセンターで売っている、

「一夜干しネット」「万能干しネット」

で十分です、というか同じものです(笑)

 

また、食べ物を動物や虫から守る

という使い方でも重宝しますよ。

 

まとめ

 

ちょっとした工夫で面白い効果が得られますね。

 

いろいろ考えて、

自然相手のキャンピングライフを

快適なものにして下さいね。

スポンサーリンク

-キャンプ
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オートキャンプを楽しもう!知っておきたい、いざ!という時の小技

スポンサーリンク   キャンプは融通の利かない大自然を相手に? 相手ではないですね、 その懐にお邪魔する、ですね(苦笑) それだけに、日常生活とは違う知識、 ノウハウが必要になります。 &n …

オートキャンプを楽しもう!我が家のキャンプ道具をご紹介します

スポンサーリンク   キャンプは楽しいですね。 暖かい季節はもちろんのこと、 寒くても対策を講じれば快適にキャンプが出来ます。   さすがに雪中キャンプまでいくと ハードルが高いで …

テントの雨漏り対策!防水撥水加工をやってみよう!

スポンサーリンク   キャンプ!   基本、天気が良いこと前提に キャンプの用意を楽しみながら していることでしょう。   ただ、話のわからない? 自然を相手なわけで、 …

オートキャンプを楽しもう!ここがポイント!キャンプサイトの選び方

  寒い冬も終わりに近づき、 スポンサーリンク まだ吹く風は冷たくても、 降る注ぐ太陽の光に 力を感じるようになる春先。   そろそろキャンプへ行きたい! そんな虫が騒ぎだします。 …

オートキャンプを楽しもう!目からウロコ?寒さ対策で快適度アップ

スポンサーリンク   キャンプでイメージする季節っていつですか?   「夏」というイメージを持つ人が 多いのではないですか?   これはどうしてでしょうねぇ。 &nbsp …