そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

病気

意外に大変な大腸内視鏡検査。大切なのは前日と当日の朝!?

投稿日:

 

大腸内視鏡検査を受けることになりました。

よもや自分が受けることになるとは思いもしませんでした。

施術前は、いろいろと不安が大きかったです。

でも、実際に経験してみると、そう大した検査ではないということがわかりました。

今回は、実体験をお話しさせて頂きます。

ご参考までに。

 

スポンサーリンク

 

大腸内視鏡検査の前日

 

まずは、大腸の中を綺麗にすることが大事です。

ですから、前日の食事から気を付ける必要があります。

消化の良い食べ物を意識しなければならないのです。

私の場合は、病院で検査食が出ました。

これは、朝昼晩の三食がセットになったレトルト食品です。

正式名称は、「大腸内視鏡専用検査食 クリアスルー 3食セット」

 

朝食は、鶏とたまごの雑炊250g。

昼食は、肉じゃが120gと鮭がゆ250g。

夕食は、チキンクリームシチュー220gとクラッカー5枚。

三食で摂取できる栄養成分は、写真の通りです。

 

 

それぞれ、量は少なめですが、「検査を受けるために必要なこと」というあきらめの気持ち?なのか、結構お腹も満たされます。

味は美味しいです。

ホント、最近のレトルト食品は完成度が高くなりましたね。

 

朝昼夕のメニューは入れ替えても良く、ただ、夕食は20時までに摂るようにします。

20時の夕食後、検査終了まで絶食になります。

大腸の中を空っぽにすることが大事なので、1日だけの辛抱ですから空腹は我慢しましょう!

とは言え、精神的に弱い私は、朝食に食パン1枚を追加しました(汗)

・・・あと、小粒のチョコレートを2粒、3時のおやつに・・・意志が弱い(;^_^A アセアセ・・・

皆さんは真似しないで下さいね。

 

私の場合、14時から検査が始まります。

検査時間は、問題なく進めば30分ほど。

私は、麻酔をして眠った状態で検査する方法を選択したので、目が覚めるのに2時間程度かかる予定です。

覚醒後、支払いなどを終えて病院を後にできるのは、16時から17時の間でしょうか。

お腹に何か物を詰め込めるのは、その後ですね。

我慢です(笑)

 

前日に行う最後のイベントは、21時にラキソベロン液という下剤を飲むことです。

正式名称は、「大腸検査前処置用下剤 ラキソベロン内用液0.75%」です。

 

 

無色で、少し粘性のある液体で、においはありません。

コップ1杯程度の水に溶かして飲みます。

これは、問題なく飲むことが出来ます。

ラキソベロン液の効果でしょうか、夜中1時と早朝6時に排便がありました。

 

そうそう、お酒はどうでしょうか?

やはり「前日の飲酒は控えるように」とあります。

でも何故でしょう?

尿検査や血液検査をするわけでもないのに、軽い晩酌程度なら良さそうですが。

これには理由があります。

検査をして何も問題が無ければ良いのですが、問題があった場合に、その場で対処しなければならない状況も考えられます。

例えば、内視鏡生検やポリープ切除です。

このような時に、アルコールは出血を促すことがあるのだそうです。

やはり、お酒も1日だけ我慢ですね。

 

大腸内視鏡検査の当日の朝

 

当日の朝は、9時から儀式があります(笑)

大量の下剤を飲むのです!

スポンサーリンク

あっ!大量と言うのは、あくまでも飲む量のことで、薬の成分量が多いという意味ではありませんので、あしからず。

この下剤の正式名称は、「経口腸管洗浄剤 ニフレック配合内用剤137.155g」です。

 

 

この容器には顆粒の薬が入っていて、これを2リットルの水で溶かして、2時間ほどかけて飲みます。

注意点としては、一気に飲まないこと。

コップ1杯(約180cc)を10~15分かけて飲みます。

そうそう、最初の一杯目には、別の薬も一緒に飲みます。

この薬の正式名称は、「消化管内ガス駆除剤 ガスコン40mg」で、2錠飲みます。

腸管内の小さなガスを合体させて、体外へ排泄させやすくする作用があるそうです。

 

 

だいたい1リットルほど飲んだころ、時間にして1時間後ぐらいでしょうか、最初の排便が起こるようです。

その後は、数回にわたって排便があります。

ただ、排便の回数の問題ではなく、便の状態をチェックすることが大事です。

粒が残っている状態ではダメで、ほとんど無色の状態が最高です。

黄色くても粒が残っていなければ合格です。

せっかくの検査なので、最高の状態に持って行きましょう!(≧▽≦)/

 

さてさて、私は9時ジャストから服用を開始しました。

味は・・・美味くない。。。_| ̄|○

どんな味かと言うと「塩分が濃いスポーツドリンク?」といったところでしょうか。

 

まぁ、とりあえず1杯目は15分で飲み切ります。

一口目、二口目と飲み進めるにしたがって、飲み切る自信が消失していくのがわかります。

一杯目、二杯目ではないですよ!一口目、二口目ですからね!(汗)

この先が思いやられます。(´;ω;`)

 

私の場合、説明書通り1時間後ぐらいに最初の排便がありました。

しかし、想像していたような腹痛はなく、ごく薄い排便の感覚がある程度です。

長い時間、腹痛と戦う破目になるかも?と若干恐れていたのですが、嬉しい誤算でした。

便は、例えるなら「肛門からおしっこをする感じ」です(;^_^A アセアセ・・・

軟便どころではなく、水ですね(笑)

 

ニフレックを服用した後ですが、本当に気を付けてもらいたいのが、「便意が薄い」ということ。

うんちをしたいという感覚がないにもかかわらず、「便は出口まで来ている」という状況になります。

ひょんなことで腹圧がかかると、漏らしかねません。

油断されない方が良いと思いますよ、ホント。

 

最終的に、検査までの排便回数は、私の場合13回でした。

肝心の便の状態も合格ラインまできれいになったと思います。

ただ、ニフレックを2リットル飲み干すことはできませんでした。

目分量ですが1.6リットルぐらいでダウンでした。

下剤は飲み切ることが目的ではなく、腸内洗浄の手段でしかありません。

便が綺麗になればいいのですv・・・言い訳です

 

いざ、大腸内視鏡検査へ!

 

当日は、14:00からの施術予約でしたので、20分前に受付をすませました。

施術前に最後のトイレタイムで出し切りました(笑)

名前を呼ばれて検査室へ入室。

検査着に着替えます。

上はシャツ一枚、下はすっぽんぽんになって、後ろ開きのパンツに着替えます。

それらの上から患者用のガウン(浴衣のようなもの)を着ます。

いよいよ施術台の上へ、まさに「まな板の鯉」状態、覚悟を決めます(笑)

 

左腕には点滴用の注射針をセット。

左手の人差し指には酸素計をセット。

右腕には血圧計をセット。

肛門の周辺にゼリー状の薬を塗られる。

満を持してのカメラ挿入です。

鈍い痛みと共に異物が入ってきます。

それから先は、実は麻酔をしてもらったので覚えていません(汗)

次に目が覚めたのは2時間後でした。

あっさり終了です。

 

検査のサビの部分は、寝むっていたのでお知らせできることはありません。スミマセン(笑)

施術自体は30分程度だったようです。

痛みを感じることもなく、ホント寝ている間に終わっていました。

 

まとめ

 

今回、大腸内視鏡検査を受けてわかったこと。

・大腸に内視鏡を挿入するのは痛くない

・一番つらいのは2リットルの下剤を飲むこと

・空腹も感じなかった

・麻酔無しも選択できるが、麻酔をしてもらおう

・麻酔を使うと2時間爆睡

 

そうそう、前日の食事ですが、自分で用意するのも良いですが、病院で処方される専用食がおススメです。

すばらしく消化に良いので、翌日の便の状態が早く合格点に近づきます。

そうすれば、2リットルの下剤地獄から早く逃げ出せます!キッパリ。

 

水分摂取に制限はありません。

水やお茶を良く飲むようにしましょう。

排便を促してくれますからね。

 

そして、最後の注意点ですが、施術では、いろいろな薬を使う可能性があるので、車やバイク、自転車の利用は止めましょう。

実際に、施術後の帰り道に、ふらつきによる事故を起こした人がいるようです。

 

「お尻からカメラを挿入される!」

大腸内視鏡検査というと、大ごとで恥ずかしいと思いますよね。

でも、寝ている間に終わっちゃいます。

その上、大腸を調べる検査の中では、最も精密です。

現代人は、大腸に不調を訴える人は多いです。

早期発見。

機会があれば、やらない手は無いですよね。

では、ご参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

-病気
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ぎっくり腰!いきなり襲ってくる激痛で動けない!その原因と治療は?

スポンサーリンク   うわっ! 何の前触れもなく、突然の腰の激痛。 しばらくは、身体を1㎝たりとも動かすことが出来ないほどの痛みです。   そうです、ぎっくり腰です。   …

インフルエンザは怖くない!予防の方法と免疫力

スポンサーリンク   寒くなってくると話題に上るのがインフルエンザです。 普通の風邪だと、あまり気にしなくても、インフルエンザだとそうはいきません。   そもそも、インフルエンザは …

鳥インフルエンザとは?インフルエンザとの違いは?予防接種は有効?

スポンサーリンク   例年、秋も深まる頃になるとマスメディアでインフルエンザが話題に上るようになります。 ほぼ自然治癒が望める上に、予防接種も治療薬もあるインフルエンザです。 しかしながら、 …

水虫が最もよくうつる意外な場所は?予防と治療の正しいやり方。

スポンサーリンク   水虫。 わたしには関係ないわ。 なんて思っているあなた、本当に大丈夫ですか?   水虫って 「靴の上からでも、かきむしりたくなるほど、痒いもの!」 だと思って …

血液検査をする場合に注意すべき前日から直前までの食事と運動

スポンサーリンク   学校や職場で健康診断を受ける人が多いと思います。 その診断項目の中に血液検査が入っている場合があります。 この血液検査は、様々な病気の発見に欠かせないものです。 &nb …