そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

キャンプ

オートキャンプを楽しもう!キャンプ道具のメンテナンスをしよう

投稿日:2017年3月8日 更新日:

 

自然を相手といいますか、

自然の中にお邪魔する?

キャンプですから、

それ相応の準備と用意が必要ですね。

 

普段使いなれない、

キャンプ専用の道具を使うことになります。

 

そして、それらを長期間使用するためには、

やはり、こまめなメンテナンスが

必要になってきます。

 

物の寿命と割り切った考え方で、

性能が劣化したり壊れたら買い換える、

というのも一手ですが、

使い込んだ物には愛着が、

そして使い慣れたという安心感もあるものです。

 

どんな物でも安く手に入り、

使い捨ての時代といわれる現代ですが、

できる限り修理や補修をして、

永く付き合っていきたいですね。

 

スポンサーリンク

修理とか修繕とか、

何やら大変そうに感じる人が多いと思います。

 

いやいや、無理無理!

専門家に任せようよ!って。

 

ちょっと待って下さい。

 

そもそもキャンプ道具というのは

アナログなのです。

 

ですから、電化製品のように、

電子配線やらICチップ?などという

なにやら難しいそうな部品で

構成されているような代物ではないです。

 

一念発起して、

故障した電化製品の裏ぶたを

開けた瞬間、

すぐに閉じたっていう経験、

ありませんか?(苦笑)

 

しか~し!

キャンプ道具は違います!

 

分解しても、一見するだけで、

その用途と構造から推測することで

仕組みを理解しやすいです。

 

実は、メンテナンスしやすいんですね。

 

製品に付属しているメンテナンスガイドや、

昨今では、インターネットで、

解決策が一発検索できますから便利です (^^v

 

修理に必要な部品についても、

メーカーや販売店から取り寄せが出来ますから、

やる気さえあれば、まず、どんな物でも、

自分でメンテナンスが出来ると思います。

 

私の経験をお話してみます。

 

我が家では、灯りをとるのに、

ツーマントルのオイルランタンを使用しています。

 

あるキャンプで使用したところ、

いつもの明るさよりも暗く感じたました。

 

新しいマントルに交換し、

ポンピングもしっかりしたにもかかわらず。

 

ただ、ポンピング時の手応えに

若干の違和感を覚えました。

帰宅後、2年ほど使用していて、

まだ本格的な清掃をしたことがなかったので、

チェックを兼ねて分解することにしました。

 

もちろん、製品説明書やネット検索で、

情報を収集しながらの作業です。

 

いやいや、想像以上に、

拍子抜けするほど簡単な作りでした(笑)

 

オイルランタンやオイルバーナーを

使用する際には、前準備として、

ポンピングといって、空気を押しこんで、

オイルタンク内を圧縮するという作業をします。

スポンサーリンク

 

この時は、前述のように、

ポンピングに不安感がありました。

 

手応えがないといいますか、

抵抗が少ないような気がしたんですね。

 

症状から、ポンプシリンダーとポンプカップの間に

隙き間ができているのでは?と想定しました。

 

空気が漏れてる状態ですね。

 

分解すると、実際、

ポンプカップが劣化して縮んでいました。

 

ポンプカップはゴム製だったので、

使用しなくても経年劣化します。

 

この部品は事前に購入していたので

交換して終了です。

 

また、シングルバーナーも

同様の症状がでたことがありました。

 

で、分解。

これまた、シンプルで素敵やん♪

 

構造は、まったくと言ってよいほど、

同じでした (笑)

 

一度、経験しておくと良いですね。

イメージが出来ていると、

いざという時に対応しやすいですから。

 

ただ、やはり取扱には

注意が必要な部品もあります。

 

なにも危険な物というわけではなく、

力加減が必要なデリケートな部品

あるということです。

 

ですから、取り扱う前に情報収集はしましょうね。

それと、その器具に比較的多い故障が

わかるのであるならば、

その症状に対応するのに必要な部品を

予め購入用意することもいいですね。

 

道具さえ用意していれば、

現地で対応できますからね。

 

キャンプ当日に故障・・・なんてことになった時、

お手上げにしたくないでしょ?(笑)

 

心配する家族を横目に、

悠然と!

交換部品そして道具を取り出し、

平然と!

修理してやって下さいな(悦)

お父さんの面目躍如ですね!

 

仕事が休みの昼下がり、

尻を掻きながら、

惰眠を貪る姿からは想像できないほど

カックイイ~お父さんを演出しましょう(爆)

 

灯りや調理器具も大事なキャンプ道具ですが、

なんといってもテントですね。

 

物が大きいので、メンテナンスが大変ですから、

見て見ぬふり状態になりがちですよね (;^_^A アセアセ

 

さらに、雨のキャンプというのは

あまり経験しない状況ですよね。

 

当日雨と分かればキャンセル人が多いのでは?

ですから、基本、雨に弱い。

 

不幸にも、急な雨に遭遇した時に、

あちらこちらから雨漏りが・・・

実は、長年使用してきたテントの

防水、撥水加工が劣化していたぁ~

な~んて、ことになったら最悪ですよ(怖)

 

備えあれば憂いなし、

出来れば、事前に防水加工を施したいですね。

 

次の記事も参照して下さいね。

テントの雨漏り対策!防水撥水加工をやってみよう!

 

多くの方が、キャンプへ年に何回も

いけるわけでは無いと思います。

数少ない楽しみの機会ですよね。

せっかくのキャンプを台無しにしないためにも、

準備を怠らないことですね。

スポンサーリンク

-キャンプ
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バーベキューの持ち物は?便利なうえに子供も女子も喜ぶものは?

スポンサーリンク   暖かな日差しと空の青さと山の緑が美しく、胸いっぱいに吸い込んだ風の香りが鼻孔をくすぐる季節。   あぁ、バーベキューに行きた~い! そう考えている人がたくさん …

テントの雨漏り対策!防水撥水加工をやってみよう!

スポンサーリンク   キャンプ!   基本、天気が良いこと前提に キャンプの用意を楽しみながら していることでしょう。   ただ、話のわからない? 自然を相手なわけで、 …

オートキャンプを楽しもう!知っておきたい、いざ!という時の小技

スポンサーリンク   キャンプは融通の利かない大自然を相手に? 相手ではないですね、 その懐にお邪魔する、ですね(苦笑) それだけに、日常生活とは違う知識、 ノウハウが必要になります。 &n …

オートキャンプを楽しもう!絶対!持って行きたい便利グッズ

スポンサーリンク   私がお薦めするオートキャンプは、 自動車でキャンプ場まで行き、 さらには、自分のサイトに横付けできます。   だから、荷物の重量や数量なんか 考えなくてもいい …

オートキャンプを楽しもう!ここがポイント!キャンプサイトの選び方

  寒い冬も終わりに近づき、 スポンサーリンク まだ吹く風は冷たくても、 降る注ぐ太陽の光に 力を感じるようになる春先。   そろそろキャンプへ行きたい! そんな虫が騒ぎだします。 …