そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

お宮参りに同行する祖父母の恥ずかしくない服装とお祝い金の相場

投稿日:

 

我が子の誕生は、とても嬉しい出来事ですが、孫の誕生も負けず劣らず嬉しものです。

誕生の喜びも冷めないうちに、次の行事があります。

 

お宮参りです。

 

初宮参り(はつみやまいり)、初宮詣(はつみやもうで)とも言われます。

赤ちゃんが無事に生まれて、一か月を迎えることを出来たことを感謝し、その報告を氏神様へ行う行事ですね。

氏神様というのは、住んでいる土地の人々を守っている神様のことで、産土神(うぶすながみ)とも呼ばれています。

 

スポンサーリンク

 

本来のお宮参りは、「母方がお膳だて(お金から召し物まですべて準備)して、父方が参加するもの」とされています。

また、男の子は31日目、女の子なら32日目に行います。

 

現代では、両親、祖父母そして両親の兄弟姉妹が参加することもあるようです。

そうなると、参加者全員の都合を調整するのも大変ですね。

 

「いつまでに」の目安としては、百日祝い(お食い初め)ぐらいまでに行きましょう。

 

ちなみに、我が家の場合、1月の寒い時期に生まれたこともあって、赤ちゃんの体調も考え、春先にお宮参りを行いました。

他のお宮参りの赤ちゃんに比べ、相当に大きな赤ちゃん(生後三か月)ですから、祝い着の帽子が似合わない!(汗)という問題はありました(笑)

 

お宮参りに同行する祖父母、恥ずかしくない服装は?

 

何をするにしても、行事となると困るのが服装ですね。

お宮参りに同行するおじいちゃん、おばあちゃんの服装について見てみます。

 

基本は、主役である「赤ちゃんの服装に合わせる」です。

赤ちゃんに和装をさせるなら和服、洋装なら洋服となります。

 

それと、参加者の服装の格を合わせることにも注意が必要になります。

 

ただ、最近のお宮参りでは、そこまで厳格に意識している人は見受けられませんね。

おじいちゃんがスーツで、おばあちゃんは着物と言ったように自由な感じで参加されています。

 

お宮参りには、集合写真を撮る家族が多いと思いますが、それが若干、不釣り合いに撮れたとしても気にしないというのであるならば、何ら問題ないですね。

一つのいい思い出にもなります。

 

また、家族そろっての食事会をする場合も多いと思います。

そうなると一日仕事になりますので、動きやすい服装を選択する方が良いと思います。

おじいちゃんなら、スーツ、あるいはジャケットとスラックス。

ネクタイは、少し派手目でもいいですね、お祝いですから。

ネクタイの代わりにスカーフも良いですね、お洒落です。

 

おばあちゃんは、和服と思われるかもしれませんが、最近の傾向としては洋服を選ぶ方が多いです。

やはり動きやすさを選ぶなら洋服ですね。

子供の入学式や卒業式に着用していた服装のイメージで良いと思います。

 

それこそ、少し小綺麗な普段着で参加している方々も見受けられます。

あまり形式にこだわらなくても良いでしょう、孫の成長を祝うことが目的ですからね。

スポンサーリンク

 

 

お宮参りに祖父母が贈るお祝い金の相場は?

 

お宮参りに際し、お祝い金を贈ることが多いと思います。

おじいちゃん、おばあちゃんとしては、いくらぐらいを考えればよいのでしょうか。

 

決まった金額というのはありません。

ただ、相場としては、5000円から10000円程度になります。

この額は、神社でのご祈祷の費用、あるいは、赤ちゃんの衣装代に相当します。

ですから、「お宮参りの費用を負担する」ぐらいの感覚で良いですね。

 

ちなみに、ご祝儀袋は、熨斗(のし)と、紅白の蝶結び(花結び)の水引がついているものを使います。

表書きは、「お祝い」または「祝御宮参」「祝初宮参」とします。

 

 

また、出産祝いを贈っている場合は、お宮参りのお祝いを別途贈る必要はありません。

しかしながら、この辺りは、お気持ちで贈ってあげてもよいでしょう。

 

まとめ

 

形式にこだわるあまり、喜ばしい赤ちゃんのお祝い事のはずが、苦痛ばかりが残る行事にならないようにしたいものですね。

生まれたばかりの赤ちゃんを中心に、皆が喜びあえる場になれば、それが一番だと思います。

 

また、誰しもが望む大安と休日が重なる日は、そこもかしこも大変混み合います。

記念撮影、神社、食事処のすべてが大混雑です。

出来れば避ける方が無難です。

 

あとは、赤ちゃんのことを一番に考えて、計画を立てたいですね。

スポンサーリンク

-イベント
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

紅葉を関西で楽しむなら万博記念公園!見どころ、駐車場&穴場の情報

スポンサーリンク   日本の自然。 どんどんと宅地開発が進み、自然が少なくなっていると言われる日本。 でも、まだまだ捨てた物じゃありません。 都会にだって自然は残っていますし、残そうと努力さ …

今年の夏に是非とも行きたい兵庫県のプールはココ!デカパトス

  スポンサーリンク   夏を遊ぶならプールですね。 子供たちや若い人たちは、真っ黒に日焼けした肌が健康的で輝いて見えます。   大人でも、日焼けしていない白い肌は、何故 …

お彼岸とは?どういう日なのでしょう。いつですか?

スポンサーリンク   日本人なら欠かさないお墓参り。 いろいろな事情でお墓参りに行くことが出来ない人でも、心の中ではお墓参りをしていると思います。 月命日やお正月に参られる方もおられますが、 …

父の日を語るオヤジの本音~プレゼントはいらない!?~

スポンサーリンク   「父の日」は、毎年6月の第三日曜日です。 2017年の「父の日」は、6月18日(日)ですね。   まぁ、「母の日」と同じく発祥はアメリカです。 彼の地は何かと …

デートを神戸で楽しむなら船でクルーズしながらのランチ、ディナー!

スポンサーリンク   デート。   好きな人、大切な人と一緒に過ごす大事な時間。 何もしない、ただ二人で寄り添うだけのデートもいい。 でも、記念日や、何か二人にとって大事な日のデー …