そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

節分に、豆をまいて恵方巻を食べるという行事~福は内、鬼は外~

投稿日:

 

一月に入ると、スーパーでは、

節分に食べる恵方巻の予約受付が始まります。

早いところでは、12月中から広告が出たりします。

「1月10日までに予約された方は10%オフ!」

なんて、耳障りの良い言葉が聞こえてきます(笑)

 

節分には、「鬼は~外!福は~内!」の掛け声とともに豆をまいて、恵方巻を食べます。

毎年の行事ですが、そもそも節分についての知識は、「なんとなく」的なので整理したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

そもそも節分ってナニ?

 

日本には、四季があります。

 

そして、各季節の始まりの日

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」

と呼びます。

 

「立春」は、2月4日ごろ。

「立夏」は、5月7日ごろ。

「立秋」は、8月7日ごろ。

「立冬」は、11月7日ごろ。

 

これらの季節の始まりの日の前日を「節分」と言います。

季節を分ける日という意味ですね。

 

現在で言うところの「節分」は、立春の前日の節分を指します。

 

節分に豆をまく意味は?

 

節分というのは、季節の変わり目です。

この時には、邪気が生じると考えられていました。

それを追い払うための行事が、節分の豆まきになります。

 

邪気というのは、

・悪意

・病気を起こす悪い気。

・物の怪(け)。

を指します。

 

行事に豆が使われるのは、

「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」

という信仰があったからです。

 

現在の豆まきでは、父親が鬼の面を被ぶる家庭が多いのではないでしょうか。

そして、家族から一斉に豆を投げつけられ、家中を逃げ回り、最後には家の外にまで追いやられます。

世のおとうちゃんは頑張っていますね(笑)

 

本来は、家長である父親と年男(としおとこ)が豆を撒き、鬼を追い払うものであったようです。

ちなみに、年男あるいは年女とは、生まれた年と同じ十二支の年を迎えた男女のことですね。

スポンサーリンク

 

節分に食べる恵方巻ってナニ?

 

恵方巻(えほうまき)というのは、節分に恵方を向いて食べると縁起が良いとされている太巻寿司のことです。

もともとは、関西で行われていた風習で、「節分の丸かぶり寿司」とか「節分の巻き寿司」と呼ばれていました。

近年では、恵方巻(えほうまき)という言葉も定着してきましたね。

恵方巻という呼び方は、1998年にセブンイレブンが商品名に付けたことから急速に広まったようです。

 

太巻きには、7種類の具材を使うとされています。

これは、七福神に因んだもので、家内安全、無病息災を願うものです。

具材は、特に決まったものではないですが、

・かんぴょう
・きゅうり
・卵焼き
・アナゴ
・シイタケ
・桜でんぶ
・高野豆腐

などが巻かれています。

最近の太巻きは、

・サーモン
・イクラ
・イカ
・エビ
・まぐろ

などを使って、海鮮恵方巻と呼ばれる太巻きも人気ですね。

 

この恵方巻は、食べ方にも特徴があります。

恵方を向いて、

願い事を思い浮かべながら、

丸かじり(丸かぶり)し、

言葉を発せずに、

最後まで一気に食べきる、

そうすると願い事がかなうとされています。

 

一本を一気に食べるというには、これでなかなかきついものがあります。

ですから、いくつかに切り分けて食べるご家庭も多いことでしょう。

 

恵方とは?

陰陽道において、

その年の福徳を司る神である、

歳徳神(としとくじん)が在する方向です。

 

まとめ

 

子供の頃、節分の豆まきは楽しいイベントでした。

誰が鬼の役をやるかで、もめたものです。

そして、まく豆の中には、いろんなお菓子も混ざっていました。

今のように、お菓子をたくさん食べることはできなかったので、子供心にうれしくてたまりませんでした。

食べ物も遊びも、今とは比べることが出来ないほど少なかったので、良い思い出として残っています。

 

スポンサーリンク

-イベント
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

敬老の日におばあちゃんに贈りたいプレゼントはコレ!

スポンサーリンク   プレゼント。 いい響きですね。 プレゼントには、人の心を温かくする力があります。   贈る人の顔を思い浮かべて、生活スタイルや趣味や性格までも考え合わせながら …

紅葉を関西で楽しむなら万博記念公園!見どころ、駐車場&穴場の情報

スポンサーリンク   日本の自然。 どんどんと宅地開発が進み、自然が少なくなっていると言われる日本。 でも、まだまだ捨てた物じゃありません。 都会にだって自然は残っていますし、残そうと努力さ …

いたみ花火大会(兵庫県)の穴場スポットや駐車場、交通規制情報

  スポンサーリンク   大阪国際空港があることでも有名な兵庫県伊丹市で行われる「いたみ花火大会」。 毎年、8月の第4土曜日に開催されます。 今年は、8月26日(土)の午後7:30 …

冬のイルミネーションイベントを須磨海浜水族園で楽しもう!

スポンサーリンク   寒さの厳しい冬。 休日の過ごし方は、どうしてもインドアになりますね。 わざわざ寒い中、出掛けたくありませんから キッパリ!   でもね、そうすると冬の間は、 …

おばあちゃんが喜んでくれるプレゼントのおすすめは?

スポンサーリンク   アナタのおばあちゃんは、元気にお過ごしですか?   日本人の平均寿命がどんどん延びています。 だいたい、男性が80歳前後、女性は87歳前後ですね。 &nbsp …