そうだったのか!

なるほどなるほど!そうだったのね♪・・・そんな情報を発信します!

イベント

お宮参りに行く際のママの服装!服装選びのポイントとNGな服装は?

投稿日:

 

可愛いらしい赤ちゃんを授かって、明るく賑やかな家庭ではありますが、何かとバタバタとした日を送ることになりますね。

そんな中、赤ちゃんの健やかな成長をお祝いする行事が次々と巡ってきます。

1歳になるまでの1年間に行われるお祝い行事としては、「お七夜」「お宮参り」「お食い初め」「初節句」「初誕生」などがあります。

今回は、「お宮参り」。

特に、ママの服装について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

お宮参りへ行く際のママの正式な服装

 

お宮参りへ行く際のママの正式な服装と言いますと、黒留袖です。

言わずと知れた、既婚女性が着用するもっとも格式が高いとされる「第一礼装」ですね。

 

最近では、「準礼装」「略礼装」でも充分です。

「準礼装」は、礼装に準じた改まった装いで、訪問着や色無地があります。

「略礼装」は、江戸小紋、付け下げ、小紋などがあります。

 

そこまで正式な装いに固執しないのであるならば、他に選択肢はないのでしょうか。

あります。

もう少し見ていきましょう。

 

お宮参りへ行く際のママの服装選びのポイント

 

まず、押さえておきたいのは、

「お宮参り」は、生後一か月頃の良い日に氏神様へ参り、

赤ちゃんの誕生祝い、健康と長寿を祈る儀式です。

正式には、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされています。

 

この事から判断できることがいくつかありますね。

生後一か月の赤ちゃんですから、途中、授乳の必要がありそうです。

オムツの交換も必要でしょう。

 

また、お祓いを受け祝詞を上げてもらい、

記念撮影をして、その後は食事会、

などという全体の所要時間についても考慮が必要ですね。

 

そして、当然ですが神聖な場所へのお参りですので、その点配慮が必要です。

 

お宮参りへ行く際のママのNGな服装

 

まずは、お宮参りへ行く際のママのNGな服装について見てみましょう。

 

「神社のお参りに行くのに、堅苦しい服装なんてしなくても、普段着でいいじゃん」

スポンサーリンク

本当に、そうですか?

古くからのしきたりに従う必要はない、と言うのであるならば、お宮参り自体をする必要も無いのではないですか?

どうせならば、古くからの慣習に倣いましょう。

 

服装の格を合わせることが大事

 

お宮参りに参加するのは、どんな人たちですか?

両家の両親とパパママ、そして赤ちゃんで参加されますか?

 

ここで、大事なのは「参加者全員の格を合わせる」ことです。

 

赤ちゃんだけに正装をさせて、ママは普段着。

おじいちゃんとおばあちゃんは正装なのに、パパとママは普段着。

どれもアンバランスですね。

 

お宮参りへ行く際のママの服装はこれでOK

 

あまり堅苦しく考える必要はありません。

上記の、服装選びのポイントでも書きましたが、授乳やおむつ交換、さらには、やんちゃ盛りの上の子がいるかもしれませんね。

そうなると動きやすい服装が望まれます。

ですから、

お宮参りへ行く際のママの服装は、スーツやワンピースで良いでしょう。

 

まとめ

 

お宮参りは、生後一か月の頃です。

もしかしたら、真夏や真冬と言った時期にあたるかもしれません。

でも、赤ちゃんの体調を考えると、無理は禁物です。

お宮参りの時期は、ずらせても全然問題ありません。

可能ならば、お天気の良い、混雑の少ない日を選んでお参りしたいものです。

とにかく、赤ちゃんの事を一番に考えて行動しましょう。

家族で良く話し合って、生後六か月くらいまでにお参りしましょうね。

 

我が家の次男は1月生まれでしたので、「寒い時期を避けよう」と考えて、4月にお宮参りをしました。

生後三か月の次男は、他のお宮参りの赤ちゃんの中で、抜きん出て大きな赤ん坊でした(笑)

生後一か月の赤ちゃん用に作られた帽子は、次男に小さ過ぎて、頭にちょこんとのっているという具合でした(爆)

その時に撮った写真も、今では良い思い出になっています。

スポンサーリンク

-イベント
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

兵庫県西脇市で開催される花火大会~へその西脇・織物まつり~

スポンサーリンク   兵庫県西脇市をご存知ですか? 「日本のへそ」という形容を聞いたことがあるのではないですか? 東経135度線、北緯35度線が交差しているので、経緯度で日本列島の中心点に位 …

敬老の日には何かをしますか?

スポンサーリンク   敬老、老人を敬って大切にすること。   今のあなたが生きているのは、お父さんお母さんが、そしておじいちゃんおばあちゃんがいてくれたからです。   今 …

花火大会と言えば夏ですが、9月にも兵庫県で開催されるんですよ!

スポンサーリンク   花火大会と言えば夏の風物詩です。 ほとんどの花火大会は7月か8月に開催されます。 そんな中、9月になっても開催される花火大会があります。   近年は残暑が厳し …

紅葉のライトアップが楽しめる京都の清水寺の見どころとプチ裏技

スポンサーリンク   秋と言えば紅葉です。 では、紅葉と言えば何処を思い浮かべますか?   京都。   古くから日本の政治、文化の中心となっている京都。 第二次世界大戦の …

紅葉を兵庫県で楽しむなら六甲高山植物園!アクセス?駐車場?

スポンサーリンク   連日の夏の暑さに辟易していたのが嘘のよう。 爽やかな季節が訪れます。 空の青さも増し、心待ちにしていた秋が近づいてきます。   日本の秋と言えば、紅葉ですね。 …